治療案内

予防歯科

歯周病予防

歯周病は今や生活習慣病のひとつとも言われ、歯周病は放置しておくと全身疾患を引き起こす引き金にもなりかねない病気です。また、歯を失う原因の大きな要因となっています。

■ 歯を失う原因

■ 歯を失う原因歯を失う原因で最も多いのは「むし歯」ではなく「歯周病」です。 「歯周病」によって歯を失う方は35歳頃から増加し、45歳以降では「むし歯」を抜いて歯を失う主原因のトップになります。

■ 歯周病とは

【歯肉炎】【歯肉炎】
プラークが歯の周りに付着することで歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが作られます。 炎症の原因であるプラークが除去されると改善します。

【歯周炎】【歯周炎】
歯肉炎が進行すると、歯を支えている骨(歯槽骨)にまで影響が及びます。 歯茎から出血や膿が出たり、口臭も強くなります。 歯槽骨が溶かされてしまい歯がグラグラして、最終的には歯が抜けてしまします。

■ 原因はプラーク中の細菌

歯周病の主な原因はプラーク(歯垢)中の細菌です。
歯周病原性細菌から出される毒素によって歯周ポケットが作られます。
ここは細菌にとって住みやすい環境です。
歯周ポケットの中では歯周病原性細菌が毒素をどんどん作り出し、歯周病を悪化させていきます。
歯周病が悪化すると歯ブラシを当てただけで痛くなり、ブラッシングが疎かになります。
そうなると、さらに歯周病が悪化するという悪循環に陥ってしまいます。

歯周病原性細菌の一種

■ 歯周病と全身の健康

歯周病と全身の健康近年、歯周病原性細菌が全身の様々な疾患に影響を与えていることを示す研究結果が多数発表されてきています。 歯科医師、歯科衛生士と一緒に「歯周病」を治しましょう。

「サイレント・アーミー」〜沈黙の病気〜と呼ばれる歯周病。

歯肉炎と歯周炎をあわせた歯周病には35〜45歳で80%、45〜55歳で88%の人がかかっているとの報告があります。
また歯肉からの出血、口臭、歯肉の腫れ、これら全ての症状は歯周病の予備軍となりえます。
歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病原菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。
歯肉に炎症がおきた状態を『歯肉炎』、それに加え歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を『歯周炎』といいます。
また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

歯周病の治療

歯周病のもっとも基本的な治療法は、プラークコントロールです。
病原性プラークを除去し、口の中のプラークを正常なレベルに維持し、環境を整えることが重要です。
そのために通常、歯垢や歯石の 除去とブラッシングの指導が行われます。

歯周病X線写真検査

歯周病X線写真検査

歯周ポケット検査って、なに?

歯周ポケット検査

pagetop

HOMEサイトマップリンク集

○ クリニック案内
コンセプトスタッフ紹介クリニック紹介アクセス・診療時間医療費控除について

○ 診療案内
一般歯科・虫歯治療入れ歯のご相談予防歯科小児歯科ホワイトニング訪問治療

○ 専門医による矯正歯科のご案内
子供の矯正 … 7歳児検診 大人の矯正 … ライフスタイル別歯列矯正スピーディーな矯正目立たない矯正

copyright(c)2009 石亀歯科まさる矯正歯科 All Right Reserved.