治療案内

目立たない矯正

インビザライン

インビザライン「透明」という選択肢

インビザラインであれば、透明なので、矯正治療中であっても笑顔を見せることができます。
相手に伝えない限り、おそらくは誰も治療を受けていることに気づかないでしょう。
透明で取り外しが可能なマウスピース(インビザライン・アライナー) を順次装着することで、きれいな歯並びへと変化を遂げていきます。
マウスピースは2週間ごとに新しいものに交換します。
少しずつ歯が移動するにつれて、理想的な笑顔へと近づいていくでしょう。

インビザライン透明、自分で取り外し可能、しかも快適

インビザラインの装着は快適なので、日頃の多忙なライフ スタイルにも支障はありません。
矯正歯科医院で受診のたびに、治療の進行状況を確認し、新しいマウスピースを担当の矯正歯科医から受け取ります。
自分で取り外し可能なので、食生活もこれまで通りです。
歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯と歯周組織の健康をこれまで通り保つことが出来ます。

  1. 痛みが無い
    ブラケットを使用しないので粘膜や舌への痛みがありません。
    咬むとマウスピース全体に力が分散し、動かしている歯の痛みを感じません。
  2. 取り外しができて衛生的
    マウスピースは取り外し可能なので、歯磨きやフロスも普段どおり行えます。
    また、簡単に洗浄ができ、衛生的です。
  3. 食べたい物がたべられる
    マウスピースは取り外せるので、いつもと変わらないおいしい食事が可能です。
  4. 金属による悩みも解消
    インビザラインならば、金属アレルギーを引き起こす心配がありません。
  5. 透明で目立たない
    マウスピースが透明なので、歯に付けていても目立たないのが特徴です。
長所 ホワイトニングと同時に行えます。
他の矯正治療と比べて通院回数を少なく出来ます。
ブラケット脱離などのトラブルがないため遠方からも安心して通院出来ます。
短所 ケースによってはインビザライン単独での治療が困難な場合があります。
ハーフリンガルや表側矯正よりコストが高くなります。

インビザライン矯正の流れ

Step 1 矯正相談

マウスピース(インビザライン)矯正治療を希望される患者さまでマウスピースによる治療が可能と判断される場合は次のSTEPで進んでいきます。

Step 2 精密検査

精密検査インビザライン矯正治療に必要な検査を行い資料をとります。
口腔内診査、レントゲン撮影、口腔内の印象採得などを行います。
初診は約40分を要します。

Step 3 コンサルテーション

治療計画や費用についての説明を致します。治療を開始することに同意して頂ければ契約書類の作製を行います。ご契約後、マウスピース作製に必要なデーターをインビザライン社に送付します。

Step 4 クリンチェック

クリンチェックインターネットを使用してインビザライン社と共同で治療プログラムおよびマウスピースの作製を致します。
プログラムを完成してからマウスピースが出来上がり、当院に送られてくるまで約1ヶ月間費やします。

Step 5 マウスピース治療開始

最初のマウスピース装着に関する説明と注意事項を受けて頂きます。
その後マウスピースの取り外しの仕方を練習します。最後に次の来院までのマウスピースを3〜6セット(6〜12週間分)まとめてお渡しします。6〜12週間毎の定期検診で歯の動きをチェックしていきます。
必要があれば歯のディスキングを行います。
定期的に歯並びの状況を確認したうえで新たなマウスピースをお渡します。

Step 6 マウスピース全セットの装着を完了

マウスピースマウスピース矯正治療終了後、メインテナンスへ移行します。
リテーナー(歯を安定させるためのマウスピース)を作成し装着に関する説明と注意事項を受けて頂きます。
担当医の指示に従ってリテーナーを装着します。

Step 7  メインテナンス

3〜6ヶ月ごとに来院し、リテーナーのチェックを行います。
リテーナーの装着を担当医の指示に従って継続していきます。

pagetop

HOMEサイトマップリンク集

○ クリニック案内
コンセプトスタッフ紹介クリニック紹介アクセス・診療時間医療費控除について

○ 診療案内
一般歯科・虫歯治療入れ歯のご相談予防歯科小児歯科ホワイトニング訪問治療

○ 専門医による矯正歯科のご案内
子供の矯正 … 7歳児検診 大人の矯正 … ライフスタイル別歯列矯正スピーディーな矯正目立たない矯正

copyright(c)2009 石亀歯科まさる矯正歯科 All Right Reserved.