★☆小児矯正歯科治療☆★ への取り組みについて

画像

石亀歯科まさる矯正歯科では、小児期からの矯正歯科治療を積極的にお勧めしております。

特に、反対咬合(受け口)のお子様は、乳歯が生え揃った3歳からの治療をお勧めしております。

遅くとも7歳までには矯正歯科専門の歯科医師による診察と検査を受けることはとても重要で、欧米などの先進国では矯正歯科学会が推奨しています。

 

矯正歯科担当:石亀勝の毎日新聞取材記事「子供の歯並び悪い原因は?矯正はいつがベスト? 歯科医師に聞く」(2023/5/5)

https://mainichi.jp/articles/20230503/k00/00m/040/181000c

子供の歯並び悪い原因は?精正はいつがベスト? 歯科医師に聞く

子供の歯が生え変わる頃になると、気になるのは歯並び。最近はむし歯が減る一方で、
歯並びの悪い子供が増える傾向にある。日々の生活習慣が一因という。
歯科医師は「矯正するなら早い方がいい。子供のうちに受診を」と口をそろえる。

【山本萌】

歯並び、幼少期の食事の仕方が重要

日本歯科医師会常務理事の小山茂幸さん(62)は「保育園などでは『子供がこんにゃくを
かみちぎれないから、小さく切ってほしい』とお願いする保護者もいるようです」と語
り、口の機能の低下が歯並びの悪さに影響しているとみる。
小山さんによると、赤ちゃんが母乳の「補完食」として野菜の裏ごしなどをぐっとのみ
込む時、舌が上あごに当たることで、上あごが広がり、歯が生える余地がつくられる。
しかし、水と共に流し込むような食べ方だと、あごの発達などに影響が出るという。

また、離乳食を食べさせる時、赤ちゃんが自ら口を開いて食べるのを待たずに口の中に
入れてしまうと、食べ物を取り込む力を養うことは難しくなると指摘する。

小山さんは「いい歯並びのためには、幼少期からの食事の仕方が最も重要。いろいろな
物を食べさせ、あごを成長させる。軟らかいものでも、しっかりかむ習慣をつける。水
やお茶で流し込むのは控えることです。
子供と一緒に時間をかけて食事することが大切です」とアドバイスする。

むし歯は減少、悪い歯並びは増加

厚生労働省の歯科疾患実態調査によると、乳歯にむし歯があると診断された子供(6〜8歳)の割合は1999年の80・6%に対し、2016年は45・5%と大きく減っている。一方、文部科学省の学校保健統計調査によると、歯のかみ合わせが悪い「不正咬合(こうごう)」の疑いがあり要診断とされた幼稚園児(5歳)の割合は、06年度に2・5%だったのが21年度には4・6%に増えた。

矯正歯科治療に30年以上携わってきた歯科医師の石勝さん(56)は「不正咬合は遺伝などさまざまな要因がありますが、舌を出したり口をぽかんと開けたりするなどの悪い癖や、鼻づまりなどによる口呼吸のような生活習慣の影響が大きいと言われています。
指3本を縦に並べて入るくらい口を大きく開け、舌が前歯に触れない場合、舌小帯(舌と下あごの間の筋)が短く、口の機能を十分に発揮できていない可能性があります」と話す。
その上で「下あごは背が伸びている間は成長しますが、上あごの成長は9歳くらいで止まります。矯正に関し、世界的には7歳までに歯科を受診するのが一般的です。きれいな歯列のためには、クリニックでの管理とケアを始める時期は早ければ早いほどいい」と助言する。

歯列矯正費用は最低10万円

民間企業「シープメディカルテクノロジーズ」(東京)が全国200カ所以上のクリニック
を抽出してまとめた調査によると、子供の矯正にかかる費用の相場は初診相談やカウン
セリングが無料〜5000円程度。精密検査が必要な場合はさらに5万円程度必要という。
その後の治療では、乳歯と永久歯が混在している。
時期(6~12歳ごろ)の「1期治療」で終えれば比較的負担は軽いが、それでも最低10万円
程度。永久歯が生えそろった「2期治療」ともなれば100万円を超えるケースもあるそう
だ。

最新型【裏側矯正】はじめました! <USA発>

当院でしばらくの間中断しておりました【裏側(舌側)矯正歯科治療】を再開しました!

ただし、今回導入しました装置は、従来の1本のワイヤーを通すタイプではなく、歯を1本1本個別に移動可能な全く新しい構造のスプリング形状になります。 穏やかな力を持続できるため、痛みも少なく(ほとんど痛みを感じない方もいらっしゃいます。)、歯の移動速度も格段に速くなりました。 通院間隔も最長6か月まで延ばすことができ、従来型と比較して総治療期間も短縮可能(※当院比)です。

最新型【裏側矯正】装置についてご興味のある方は、当院までご連絡ください!

※ 患者様の不正咬合症状によっては適応できない場合や、お勧めしない場合があります。

古い入れ歯は、なぜ良くないのか

あなたは、痛くないからと同じ入れ歯を、何年も歯科医の点検を受けず、漫然と使っていませんか。
入れ歯は、靴以上に悪い状況で酷使されています。歩くと靴底が減るように、入れ歯の人工歯もすり減っています。歯を失なった顎の骨は吸収され痩せて低く変わっています。

人工歯がすり減り、顎の骨が減ると噛み合わせが低くなり、下顎が前へずれます。下顎が前へずれると、噛める歯が少なくなりよく噛めない。かみ合わせが低くなると、必要以上に強く噛む。噛む位置がずれる、老人顔になるなどが起こります。
顎骨が吸収され、義歯が合わないまま使用していると、吸収された骨の部分がブヨブヨ粘膜に置き換わり。しわが出来る。しわがただれて痛くなります。ブヨブヨ粘膜の下の骨は、カミソリの歯状に薄くなっています。

5年も義歯を使い続けると、本来の正しい噛み合わせの位置からずれて噛んでいることがあります。噛み合わせのずれ、不安定が新義歯失敗の元になります。
顎の骨は、気づかない速度で変化しております。合わない入れ歯は、顎骨の異常吸収を起こします。顎の上下関係にも異常が出ます。顎に合った入れ歯で、顎の骨を守りましょう。
義歯の点検が重要です。義歯は、調整により噛みやすく具合がよくなります。新義歯の初期調整完了後は、点検の1回目は、1か月後。2回目は3か月後、3回目以後は6か月毎をすすめます。

石亀歯科まさる矯正歯科

失敗義歯の原因

一番多い失敗は、噛み合わせを採るとき、違う位置でかみ合わせを採ることです。噛む筋肉が弱かったり、痛みがあったり、噛みにくい入れ歯で変な癖がついて本来噛む位置ではない位置で噛み合わせを採った場合です。
痛い入れ歯、噛みにくい入れ歯は、調整で直ることが多いので諦めないで受診してください。

2022年7月 石亀歯科まさる矯正

噛む筋肉をつけましょう

足の筋肉が弱くなって歩けなくなった方が、新しい靴を履いたら歩けるようになるでしょうか。歩く筋肉がなければ新しい靴でも歩けません。自分の足で歩くために歩く筋肉をつける運動をします。
噛む筋肉が弱って噛めなくなった場合、噛む筋肉の運動をしていますか。噛む筋肉をつける為に噛む物は、ガムは、自分の歯の方には良いが、入れ歯にはくっついて長くは使えません。

私は、コンニャクを凍らせ解凍しオリーブオイルで炒めた「高野コンニャク」を噛んでいます。2回凍らせるとしなくなります。しなさを調整できます。
コンニャクは整腸作用があります。噛むことは、認知症予防にもなると云われています。

噛むトレーニングの要領は、顎を引いて奥歯でしっかり噛んでください。力を入れ過ぎないように注意しましょう。

失敗義歯の原因

一番多い失敗は、噛み合わせを採るとき、違う位置でかみ合わせを採ることです。噛む筋肉が弱かったり、痛みがあったり、噛みにくい入れ歯で変な癖がついて本来噛む位置ではない位置で噛み合わせを採った場合です。
噛み合わせを採る前の準備に何回かかかる場合があります。
痛い入れ歯、噛みにくい入れ歯は、調整で直ることが多いので諦めないで受診してください。

2022年7月 石亀歯科まさる矯正